現代自動車、バッテリー式EVを2016年発売へ

日産自動車や、独BMWを追撃

3月11日、韓国の現代自動車は、同社初となるバッテリー式電気自動車を2016年に発売する計画を明らかにした。写真は同社ロゴ。2012年1月撮影(2014年 ロイター/Fadi Al-Assaad)

[華城(韓国) 11日 ロイター] -韓国の現代自動車<005380.KS>は11日、同社初となるバッテリー式電気自動車(EV)を2016年に発売する計画を明らかにした。

同社は、独BMWや日産自動車<7201.T>が先行するEV市場で巻き返しを図っている。

現代自動車は米国などでの排出ガス規制の厳格化に対応する次世代自動車として水素燃料電池車の開発に力を入れてきた。一方、子会社の起亜自動車<000270.KS>はバッテリー式EVの開発に専念してきた。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。