東京地検が猛反発した「弁護士ブログ」の記録

見えないカルロス・ゴーン被告の取り調べ実態

取り調べの平均時間のほかに最長時間でも乖離がある。高野弁護士がブログで開示した記録によれば、最長は2018年12月20日の12時間18分。1日10時間を超える日は3日あった(2018年12月6日、2019年4月14日、4月21日)。また、1日7時間以上10時間未満は37日だった。

だが、斎藤次席検事は1月23日の会見で「(実際の)取り調べは最も長くても1日6時間強だ」とした。すると、取り調べ開始から終了まで12時間18分と最も長かった2018年12月20日は、取り調べを開始した午前10時00分から終了した22時18分までのうち、昼食、夕食、弁護士や外交官との接見、そのほかの休憩時間に6時間費やしたことになる。はたしてそうしたことが本当にあったのだろうか。純粋な取り調べ時間が開示されていないだけに真相は不明だ。

高野氏のブログに示された情報が「まったく事実に反する」というのであれば、検察は「平均4時間弱」の根拠となる情報をきちんと開示すべきだろう。

必要な手続きは「お答えできない」

取り調べ時間だけでなく、自白の強要もあったのかどうかも焦点だ。ゴーン氏は1月8日に逃亡先のレバノンで行った会見で「自白を強要された」と述べた。斎藤次席検事は翌9日の定例会見と同様、1月23日の定例会見でも「自白の強要はなかった。取り調べの様子はすべて録音・録画をしている。その内容を見ていただければ、(検察の描いた)筋書きを押し付けたり、自白を強要したりしたということがないのは明らかである」とした。

そうは言ったものの、「録音・録画の内容を見るのに必要な手続きは」と記者に問われると、斎藤次席検事は「お答えできない。裁判の証拠となるべきもので、そこで出せればいちばんよかった。裁判に出す以外の目的で(録音・録画内容の)使用ができるかどうかは、直ちに(出せる)ということではない」と明言を避けた。

ゴーン氏は1月8日の会見で「今後、数週間以内に行動を起こす」と次なる”反撃”を示唆している。次なる一手の内容は不明だが、今後、ゴーン氏が検察批判をさらに強めた場合、検察は主張の根拠となる情報を開示せずに「事実無根」と言い続けられるのだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。