富野由悠季「ガンダムで伝えたかった」熱い信念

監督が作るロボットアニメは伊達じゃない!

表層的なチープさが抜きがたくあっても、作品自体の骨格がしっかりしていれば、アニメはそうした普遍性を獲得できるはずだ。そこには「貧しく見えるTVアニメであっても、オレは使いこなしてみせる」という演出家・作家の自負が垣間見える。そしてその自負の目指す先が「自作を通じて現実を把握する力を鍛えてほしい」ということなのだ。

『逆襲のシャア』の中に「ならば、今すぐ愚民どもにその叡智を授けてみせろ」というシャアの台詞が出てくる。これはもちろん、今すぐにはできない、という逆説として発せられていて、とてもニヒリスティックな響きがある。これに対してアムロも、あまり有効な反論はできていない。

アムロと重なって見える富野監督

富野監督はしばしば、その言動や存在感をシャアと重ねて語られることが多い。『逆襲のシャア』の、シャアの中にあるニヒリズムは富野監督の一部であるのだろう。

だが、創作に関して振り返ってみれば、富野監督は「アニメというエンターテインメントを通じて、人々に叡智を授けたい」ということをコツコツと続けてきており、そういう意味では、あたかも「今すぐ愚民どもにその叡智を授けてみせろ」という台詞に対するアンサーを実演してきたともいえる。

その姿勢はむしろ「νガンダムは伊達じゃない!」の台詞を皮切りに、奇跡の突破口を開いた『逆襲のシャア』のアムロと重なって見える。「ロボットアニメは伊達じゃない」と、「アニメで世界を救う」ということをまじめに考えているのが、富野監督という存在なのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT