「au三太郎」の自由なCMが今年も1位獲得の強み

富士フイルムや花王、期間限定CMも人気に!

TVCM | au「みんな自由だ」篇(au公式チャンネルより)
あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2020年1月前期(2019年12月20日~2020年1月4日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。 

年末年始にヒットしたCMの傾向は?

年末年始には企業としてのメッセージを打ち出すCMをはじめ、季節感や放送する番組の内容に合わせたスペシャルCMが数多く誕生する。2020年はどのようなCMとともに幕を開けたのか、本年1回目となるCM好感度調査の上位作品の顔ぶれとヒットの傾向を紹介したい。

1位に輝いたのは今年もKDDI『au』の新作だ。アメリカのスタンダードナンバー『The Entertainer』を注目のロックバンド Half time Oldがアレンジした曲に、クリエイティブディレクターの篠原誠氏による前向きで開放的な歌詞を乗せている。軽快な楽曲に合わせ、今年は「みんな、自由だ」をテーマにおなじみの「三太郎」メンバーが既成概念にとらわれず“自由”に過ごす様子を映した。

スタートラインに一列に並び徒競走をするかと思いきや、桃太郎(松田翔太)以外はスピードも方向もまったくバラバラ。川には大小さまざまな桃がたくさん流れ、光る竹の中から親指姫が現れるなど、昔話の設定もお構いなしの自由奔放さ。最後は全員が「みんな、自由だ。」と書かれた旗の前で思い思いの方向を指さしてポーズを決めるというストーリーだ。

CM好感度調査のモニターからは「ポジティブな生き方をしようと思う」「みんな幸せそうに自由に過ごしていていい気分だった」といった感想が寄せられ、人々の背中を押すメッセージが好評価を得た。

2位には大みそかまで放送された日清食品『どん兵衛』のCMがランクイン。星野源演じる男性がこたつでうたた寝をする“どんぎつね”(吉岡里帆)に年が明けてしまったとうそをついて、からかうストーリーだ。「年越しも、年明けも。」のコピーでそばとうどんを合わせて訴求した。

次ページお正月の期間限定CMも人気に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。