郷愁だけじゃない「男はつらいよ」健闘の理由

シリーズ50作目「お帰り寅さん」の顧客構造とは

シリーズ50作目『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日に公開された。吉岡秀隆が演じる満男(写真:©2019松竹株式会社)

一風変わった映画がヒットした。

新作映画である。しかし、公式サイトやポスターで大きく取り上げられている「主人公」を演じた俳優は、約四半世紀前に亡くなっている。

なので、新作映画でありながら、その「主人公」が登場しているシーンは、過去の映像のリミックスになっているという、ある意味、実験的なアプローチの作品である。

この連載の一覧はこちら

1位『アナと雪の女王2』、2位『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に続く3位が、その映画――『男はつらいよ お帰り 寅さん』だ(興行通信社「週間観客動員数TOP10」1月4~10日付)。

「主人公」とはもちろん、車寅次郎(渥美清)である。

プロモーションで「フォロワー層」を開拓

健闘に至った理由として、思い浮かぶのは、質量ともに充実したプロモーションである。

とくにNHK関連が目立った。まず、NHK総合で昨年10月より全5話放映された「少年寅次郎」。車寅次郎の少年時代を描いたドラマで、複雑な家族関係など『男はつらいよ』の基礎情報を、広い層に対して整理する効果があったと思う。

またNHK BSプレミアムでは、元日に『男はつらいよ』過去作3作を一挙放映しただけでなく、大阪を舞台に、桂雀々が車寅次郎を演じる「贋作 男はつらいよ」が今月5日から放映されている。

純然たるプロモーションではないものの、これらの展開は、かつての『男はつらいよ』シリーズに明るくない層に対する入門編として機能、結果として今回の『お帰り 寅さん』への集客に大きく貢献しているはずだ。

ここで考えたいのが、『お帰り 寅さん』の顧客構造である。

シリーズ50作目『男はつらいよ お帰り 寅さん』のポスター(©2019松竹株式会社)

もちろん、そのコアをなすのは「リアルタイム層」だ。国民的映画として人気を博していた『男はつらいよ』シリーズを、当時リアルタイムで見ていた60代以上の層である。しかし「リアルタイム層」だけだと、ここまでの広がりにはならなかったのではないか。

先のNHKでの「入門編プロモーション」も奏功した結果、「リアルタイム層」の下の世代、『男はつらいよ』を当時しっかりと追っていなかった40~50代の「フォロワー層」まで吸引できたことが重要だったのではないかと考える。

「フォロワー層」の1人は私(53歳)である。当時、自分の親世代が『男はつらいよ』シリーズを手放しで褒め称えることに、コンサバ性を強く感じ、敬遠していたにもかかわらず、今回は満足した。もう少し具体的に白状すれば、けっこう感動して、感涙までしたのである。

次ページ単なるノスタルジー(郷愁)ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT