カローラより小さかった「ポルシェ911」の魅力

衝突安全ボディで大型化した今ではありえない

ポルシェ911を題材にしたボディサイズのあれこれをお伝えします(イラスト:LEON編集部)
世界的に高騰を続けるポルシェ911のタイプ964(1989〜1993)。その魅力のひとつがいまではあり得ないコンパクトなサイズ感だ。964を発売当時、愛車にしていた著者がその魅力を改めて検証する。

正月休みが終わってほぼ1週間。心も身体も、まだまだ「仕事全開モード」には入っていないはず……お察しします! 笑

僕は穏やかな新年を過ごした……が、正月2日にiPhoneを11 proに、家内も同時にiPhone7を8に交換。で、その設定に手間取って、悪戦苦闘したのが唯一の汚点!?。

本記事はLEON.JPの提供記事です

でも、箱根駅伝では青山学院(わが母校)が優勝! 家内共々、iPhoneは新しくなったし、お雑煮も数の子も美味しかったし……いい新年だったとしておこう!

さて、今年初の備忘録は、ポルシェ911を題材にしたボディサイズのあれこれを書かせていただく。

初めてポルシェが身辺にやってきたとき

前にも触れたが、僕の身近にポルシェが住み着いたのは1963年。兄が356Cを買ったのが初めてだが、見た目も、走り味も、乗り味も……すべての点での高い質感に驚き、感激したことを今もハッキリ覚えている。

そして、僕が初めて911を買ったのは1987年。1985年モデルの2年落ちのカレラを中古で買った。生まれて初めてポルシェが僕のものになったことで、有頂天だった。

でも、有頂天だったのは始めのうちだけで、時間の経過と共に、なんとなく喜びは薄れていった。それもけっこう短時間の内に。

930シリーズは1974年を起点にしたモデルで、87年当時にはいろいろな意味でいささか陳腐化していたからだろう。

85年モデルは、フロアパネルとバルクヘッドの板厚が0.75から1mmに引き上げられ、それ以前のモデルより、ボディ剛性がかなり上がっていたことはプラスだったが……。

そんなことで、1989年に964型がでたときは迷うことなく買い換えた。即決だった。

次ページ新しい時代の911に姿を変えていた964型
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT