ソニーの命綱「スマホ」はどこへ行くのか

鈴木国正執行役が語るソニーのモバイル戦略

もうひとつは、積極的にオープン技術を採用し、また提案していく取り組みだ。NFC(非接触型無線通信)を通じて他製品とワンタッチでスマートフォンが繋がる仕組みを提供しており、100種類を越えるソニー製品がNFCを搭載している。Xperiaにも必要なアプリケーションを導入しておくことで使いやすさを高めている。

このように、我々のスマートフォン戦略はハードウェア機能だけに特化しているのではない。まとめるとハードウェア機能ではBest of Sonyを搭載し、さらにインターネットサービスの作り込み、NFCの活用を行う。この3つの取り組みによって製品としての魅力を高めている。

オープンに他社とも連動

バルセロナで講演をする鈴木執行役(アフロ)

――その中でソニーモバイルネットワークスが提案するウェアラブル製品のコンセプトとしてSmartWear Experienceを披露しました。

SmartWearそのものは、オープンに他社とも連動できるよう考えているもので、位置付けとしてはNFCの取り組みに近い。ソニー製品だけの組み合わせで何らかの世界を描くのではなく、ソニー製品を含むさまざまなデジタル製品が存在する中で、新たな価値を生み出す”場”を作るための取り組みだ。

我々はこれまでに情報を伝える”アウトプット”としてSmartWatch 2を提供してきたが、今回のMWCでは”インプット”する情報を記録するCoreを発表した。これらにLifeLogアプリを組み合わせることで、顧客の視点でもUXの広がりが出てくる。スマートフォンは今や音楽を聴く道具であり、写真を撮影する道具であり、映像コンテンツを愉しむ道具。様々な情報、行動の履歴が集まってくる。

――NFCはソニーグループ全体の取り組みだが、SmartWearにもスマートフォン以外のソニー製品がつながっていく?

他社製品のデータ……たとえば体重計などがつながる仕組みは提供しており、単にデータを取り込むだけでなく、LifeLogアプリ側の拡張プラグインとして新しい種類のデータにも対応できるよう作っている。これはもちろん、ソニー製品に対しても同じだ。

ただし、当面ははスマートフォンを使っての写真撮影や音楽、映像の再生、それにCoreに代表されるソニー製のウェアラブル製品が対応製品となる。参考出展だが、カメラ機能を持つコアも披露した。また利用者が設定することで、SENやPlay Memories Onlineの利用履歴ともつながる。

――SENとつながるのであれば、たとえばビデオレコーダーの予約、視聴状況など、さまざまなソニー製品の動作履歴をSENを通じて同期できるのでは?

言うまでもなく、我々はブラビアもレコーダーもやってきた。多品種のエレクトロニクス製品を持つソニーの特徴を活かし、新たなアプリケーションを生み出そうという情熱が社内に拡がってきている。社内にSENのようなクラウド型サービスを持ち、ウェアラブルに関しても核となる戦略を持つことで、より発展したアイデアが出てくる。

次ページ多くの通信事業者から引き合い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT