第1志望落ちた子に親がかけてはいけない言葉

結果だけにフォーカスした発言は絶対NGだ

私自身の開成中学受験のときも「全部落ちたらどうしよう」、言い換えれば「全部落ちたら自分の居場所、存在価値はなくなるんじゃないか」と不安になっていました。ぐるぐると自分の中で思考が旋回し、マイナスなことを考えがちになってしまうのが、受験生の試験前の心境です。簡単に言えば、受験の「結果」だけに考えがフォーカスしてしまうのです。

そんな「結果」だけにフォーカスしてしまう視野の狭さの中、肝心の結果が出ればよいですが、出なかった場合には、それこそ、この世の終わり、というばかりに目の前が暗くなってしまいます。

一生懸命頑張ったのに第1志望に落ちてしまった場合には、「どうせ自分は……」というネガティブな考えに心が覆われてしまい、自己肯定感が著しく下がってしまう子どもがほとんどです。

自己肯定感が低い、というのは、自分の可能性に対して自信が持てない、ということですので、将来的にもいい影響を及ぼしません。この心理状態はしっかりと子ども自身が打破するべきものです。

親が子にかけてはいけない言葉

では、そんなとき親はどんな言葉をかけるべきでしょうか。ここで最もやってはいけないことは、「結果」にフォーカスした発言をすることです。

「なんで落ちてしまったんだ。勉強が足りないんだろう」「遊んでばっかりいるから、部活ばかりしているから、落ちたんだ。もっと勉強すればよかったのに」

といった、「落ちた」という結果にだけフォーカスし、詳細も知らないのにその原因を探ろうとする発言が、最もかけてはいけない言葉です。

受験に落ちた原因は、それはそれで、追って学校の先生なり塾の先生とすればよい話であって、親と一緒にするものではありません。親は講師ではなく同志であるべきであり、子どもにしっかりと寄り添う必要があります。

上記のような発言をすればするほど、自己肯定感はますます下がりますし、それがあるところまで行ってしまうと、「ぷっつん」してしまい、今後一切勉強しなくなったり、親に非常に反抗的な姿勢が定着してしまったりするでしょう。

こんなときにかけるべきは、「結果」ではなく「過程」にフォーカスした言葉です。

「お父さんは(お母さんは)、◯◯がいつも夜勉強しているの、知っていたよ。よく頑張ったね。お疲れ様」

こういった「過程」を承認する発言が有用です。少しでも自己肯定感を回復する可能性があります。

次ページ実は何も言わないのがベスト
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT