熱々の鍋で三つどもえ、牛丼チェーンの思惑

先行する吉野家、すき家と松屋が追随

すき家が2月から投入した鍋メニューが貢献し、既存店売り上げが回復

これは復活の兆しなのか――。牛丼チェーンの最大手ゼンショーホールディングス(HD)が展開する「すき家」の2月既存店売上高が前年同月比で3.9%となった。プラスに転じたのは2011年8月以来、実に30カ月ぶりだ。

回復のきっかけは、2月14日から販売を開始した「牛すき鍋定食」(580円)だ。通常の牛丼(並盛280円)に比べ2倍以上の価格設定にもかかわらず、販売は堅調に推移。2月の客単価も前年同月比で3.4%増と1月の同1.6%増からさらに上向いた。

この鍋メニューで先行する吉野家ホールディングスも好調だ。「吉野家」では昨年12月上旬に「牛すき鍋膳」(580円)投入したところ、当月の既存店売上高は前年同月比で16%増(11月は同1.5%増)と一気に2ケタ増を達成。14年1月も14.2%増となった。すき家が鍋メニューを投入した2月も11.9%増と高水準を保っている。

松屋も3月中に投入

一人負けを喫したのが松屋フーズの「松屋」だ。2月の既存店売上高は前年同月比で5.7%減と大手3社の中で唯一のマイナス。ライバル2社が高単価の鍋メニューで盛り返す中、有効な対策を打ち出せなかった。

そこで、松屋も3月中に「すき焼き鍋膳」という鍋メニューの投入に踏み切る構えだ。現在、一部の店舗で試験導入しており、順次、全店に広げていく。価格も 先行する2社と同じ580円になる見込みだ。最後発だけに、すき家や吉野家とどのような違いを打ち出すかが、巻き返しのポイントになりそうだ。

結局、大手三社がすべて取り扱うことになる鍋メニューだが、先陣を切った吉野家は特に思い入れが強い。

次ページ先行した吉野家のこだわり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT