これが先輩就活生が語る「内定獲得の王道」だ

準備は早めに、ウソでも「第一志望」と答えよ

就活では気持ちを平らかに持つことが重要だ。人事によると、緊張している学生は入室のときからわかるそうだ。上がってしどろもどろになっている学生を「気の毒」「かわいそう」と思う人事は多い。

「ここに絶対受かりたい」と強く願うほど緊張してしまう。無料で参加できるイベントだと思えば、緊張も少しは解けるだろう。

「就職活動は、大学受験とは異なり、無料で受験をすることができるので、少しでも興味のある企業はぜひ受けるべき」(理系・旧帝大クラス)

「企業説明会やインターンシップにはより多く参加すること、ネットではなく生の声の情報交換をすることをオススメする」(文系・その他国公立大)

面接で正直に話すと落とされる

キャリアセンターの就職ガイダンスでは「自分を作るな」「うそで飾るな」「志望動機を正直に話せ」と学生に指導する。ところが、就活が面接の段階に入っていくと、「うそをつくことに慣れるべき」という学生が多くなる。理由は単純。正直に話すと落とされるからだ。

「最終面接では、うそでも第一志望ですと言うべき。自分は最終面接で少しでも迷っている素振りを見せた企業はほとんど落ちた」(理系・上位国公立大)

「うそでも第一志望と言わないと落とされることがある」(理系・旧帝大クラス)

こういうコメントを読むと、若者らしい正義感を感じる。自分の気持ちそのままを言わないことを「うそ」と書き、本来は避けるべきことだが、正直に言うと落とされるのでうそを言うというが、道徳的にそれほど悪いことなのか? 内定獲得のためにはやむをえないと思う。もっとも「第一志望でうそを言う学生が多い」と怒る人事は確かに多い。

また、面接では、相手にいかに好感を持ってもらうかが重要。「笑顔で声も普段より少しだけ高め」は実践的なアドバイスだ。

声の高低は相手への印象をかなり左右する。多くの人は気づいていないかもしれないが、われわれは赤ん坊をあやすとき、幼児に接するときに無意識に高い声を出している。犬は威嚇するときに低い声でうなるが、人間も低い声で話すと相手を圧迫することになるので好かれないことが多い。

「自分をいかによく見せるかに限る」(文系・早慶大クラス)

「第一印象には気をつけて、笑顔で声も普段より少しだけ高めにした」(理系・中堅私立大)

次ページ就活費用を貯めておけ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。