ゴッドタン「芸人マジ歌」に秘められた深い意味

マジ歌シンガーの何が人を魅了するのか

「ゴッドタン」名物企画の1つ「芸人マジ歌選手権」は、なぜ私たちの心を動かすのでしょうか?(写真:OrangeMoon/PIXTA)

テレビ東京で毎週土曜深夜に放送されている「ゴッドタン」は、お笑い好きに根強く愛される番組として知られている。ほかの番組とは一線を画すようなオリジナルで挑戦的な企画も多く、芸人や業界関係者の間でもファンが多い。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

そんな「ゴッドタン」の数ある名物企画の1つが「芸人マジ歌選手権」である。この企画では、牛乳を口に含んだゲストたちが、笑いをこらえながら芸人が真面目な内容の歌を歌うのをじっと見守る。芸人本人が格好つけて真剣に歌っていればいるほど、それがおかしく見えてくる。

この企画が生まれたきっかけの1つは、”東京03の角田晃広が作っているオリジナルソングが笑える”、ということだった。ただ、本人はいたって真面目に曲作りをしていたため、それが面白いということに気付いていなかった。その笑いを際立たせるために、牛乳を口に含んだゲストが笑いをこらえながらそれを見守る、という演出が加えられた。ここから「芸人マジ歌選手権」が始まった。

最新回ではマジ歌シンガーたちの“本音”が炸裂

その後、企画はどんどん発展していき、「マジ歌シンガー」として芸人が一種の歌ネタを披露するような形式に落ち着いた。その中でも、劇団ひとりは大トリを務め、特殊メイクを駆使して田原俊彦とグレムリンをかけ合わせた「トシムリン」などのさまざまなキャラクターを演じて、見る人の度肝を抜いている。

その最新回である「ゴッドタン 芸人マジ歌選手権」という1時間半の特番が12月27日に放送された。マジ歌シンガーとして出演したのは、バナナマンの日村勇紀、ロバートの秋山竜次をはじめとする豪華な顔ぶれ。彼らが次々に繰り出す本気のパフォーマンスは実に見ごたえがあった。

本来、「芸人マジ歌選手権」の「マジ」とは「本気」「真剣」という意味だ。だが、今回の「マジ歌選手権」では、「本音」という意味のマジ歌作品が多かった。それぞれのマジ歌シンガーたちが、自分たちが普段思っていることを歌に乗せて表現していた。

次ページバカリズムは若者を強烈に皮肉る歌を歌い上げ…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT