2060年、日本の1人当たりGDPは中印に勝てるか

未来の世界経済の中心は、欧米から中印へ

世界経済の未来を予測します(写真:gerenme/iStock)
昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する――。野口悠紀雄氏による連載第5回は、前回「2065年、日本の人口ピラミッドはどうなるか」(2019年12月22日配信)に続いて、世界の未来の姿を大胆に予測する。

今後、20年から40年の期間に、中国の経済成長率は鈍化するものの、アメリカを抜いて世界一の経済大国になるでしょう。インドは高い成長率を続け、日本を抜いて、アメリカと拮抗する経済規模になります。

この連載の一覧はこちら

経済規模や豊かさは、現在とはどのように変化するでしょうか?

これには、まず、人口動向が大きな影響を与えます。

前回述べたように、若年者人口の増加率が高ければ労働力の増加率が高くなるので、経済成長率が高くなります。逆であれば逆になります。

ヨーロッパや日本では、若年者人口の増加率が低い(あるいはマイナスになる)ので、経済成長率は低くなるでしょう。中国も経済成長率が低下するでしょう。

それに対して、インドでは、若年者人口の増加率が高いので、経済成長率が高くなると予測されます。

経済動向に影響するのは、人口だけではありません。

それとともに、国民の教育水準や技術進歩などが大きな影響を与えます。

アフリカ諸国は、若年者は増えても、経済発展につながるかどうか、わかりません。かえって貧困化が進行することも考えられます。

このようにさまざまな要因が絡み合っているので、経済の予測は容易なことではありません。

以下では、 OECD(経済協力開発機構)が行っている長期経済予測を参考として、2060年までの世界経済を考えることとします。

(外部配信先では図表を全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

日本の比重は低下し、インドの比重が上昇

図表1に示すとおり、世界の実質GDPは、2020年から2040年の間に1.72倍になり、2020年から2060年の間には2.62倍になります。

年平均成長率で見ると、2020年から2040年の間では2.74%、2020年から2060年の間では2.44%になります。

OECD諸国とそれ以外の国を比べると、いずれの期間においても、OECD諸国の成長率が、それ以外の国より低くなっています。

そして、ユーロ諸国の成長率は、OECD諸国よりもさらに低くなっています。

このように、高所得国の成長率が比較的低いため、世界経済の中での比重は低下することになります。

国別の状況は、図表1の下半分に示すとおりです。

次ページ日本の成長率は?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。