第2回 ポジティブドリームパーソンズ社長・杉元崇将 志の醸成

 今回からいよいよ各界で活躍されている方々にフォーカスをして、「実際にどのように志を育てているのか」を見ていこう。
 志はなくても生きていける。しかし、志があればよりすばらしい人生を送ることができる。そんなことを感じてほしいと思う。

まずは今回の主役、株式会社ポジティブドリームパーソンズ代表取締役社長の
杉元崇将氏のプロフィールを紹介しよう(以下本文中の登場人物の敬称は省略する)。

杉元崇将(すぎもと たかまさ)
1967年生まれ、福岡県出身。
1989年に株式会社イトーキに入社。オフィススペース全体の空間設計や、CI(コーポレートアイデンティティ)に伴うオフィス移転プロジェクトなどに多数参画。1995年に大手ウエディングベンチャー企業に入社後、1997年にウェディングプロデュースを中心とした同社を設立。現在に至る。現在では「ブライダル専門企業」から「感動創出企業」への転換を目指し、450人の社員を牽引している。

創業15年で100億円を超え、現在自社を「ブライダル専門企業」から「感動創出企業」へと脱皮させつつある起業家杉元崇将が自らの志を育てていく過程から、大きく3つのことを感じてほしい。
1. 自らのありたい姿、なし得たい目標を設定し、現状とのギャップを見いだすための振り返りを、自ら逃げずに確実に実施する
2. そのギャップを埋めるための能力開発、会社改革をやりきった感が生まれるまで徹底する
3. 常にSという人物のロールモデルの存在を意識し、原点を見失わない

次ページ幼少時代に学んだ「徹底」の大切さ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT