男の子は「鶏口より牛後になるべき」深い理由

名物校長が語る「自己肯定感の高め方」

「大学に受からずそのまま引きこもってしまった」「弁護士試験を諦めて、働く意欲もないまま数年が過ぎた」、そんな話を聞くたびに「負ける経験を早く!」という、焦りにも似た思いが私の中に湧いてきます。ですから、学校選び・チーム選びというチャンスがあるなら、とにかく上へ上へとチャレンジし、集団の中で負ける経験をしてほしいのです。

「負けた自分とどう向き合うか」が自己肯定感を育む

例えばスポーツが得意な子の学校選び。「A校に行けば全国大会に出られるかもしれないけど、レギュラーにはなれない。でもB校なら全国大会には出られなくても、レギュラーとしてやっていける」。男の子の自己肯定感を考えると、一見B校に行って、レギュラーとして活躍したほうがいいように思えます。「成功体験を積んだほうが自己肯定感は高くなる」と考えると、これが正解のように思えるからです。

しかし、成功体験というのは、実はそんなに単純なものではないのです。本当の成功体験というのは、単に勝つことではなく、「負けたり、失敗した状態から立ち直ること」。つまり何かを克服した経験こそが、本物の成功体験であり、自己肯定感はそのような経験から育まれるものなのです。

皆さんも経験からおわかりだと思いますが、私たちはうまくいったときには、自分自身を振り返ることをしないものです。自分に向き合うのは、負けたときや、失敗したときのはずです。「どうやったら次に勝てるだろう」「同じ失敗をしないためには、どうしたらいいのだろう」。そのような試行錯誤の中で、人は成長していきます。

先の男の子はA校にいけば、3年間レギュラーになれないかもしれません。もしかするとベンチにすら入れないかもしれない。そんな自分と向き合い、自分をどう構築していくか。それが男の子の人生に厚みを加えていきます。そして、ちょっとやそっとの失敗では折れない心を作り上げていくのです。

皆さんももしかすると、「体育会系の出身者は、レギュラーかどうかにかかわらず就職で有利」などという話を聞いたことがあるかもしれません。多くの方は「体力と根性があって、元気だから」などと思っているかもしれませんが、事の本質はそこではありません。

次ページ逆境から這い上がる力は、社会人になっても生かされる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT