男の子は「鶏口より牛後になるべき」深い理由 名物校長が語る「自己肯定感の高め方」

拡大
縮小

「大学に受からずそのまま引きこもってしまった」「弁護士試験を諦めて、働く意欲もないまま数年が過ぎた」、そんな話を聞くたびに「負ける経験を早く!」という、焦りにも似た思いが私の中に湧いてきます。ですから、学校選び・チーム選びというチャンスがあるなら、とにかく上へ上へとチャレンジし、集団の中で負ける経験をしてほしいのです。

「負けた自分とどう向き合うか」が自己肯定感を育む

例えばスポーツが得意な子の学校選び。「A校に行けば全国大会に出られるかもしれないけど、レギュラーにはなれない。でもB校なら全国大会には出られなくても、レギュラーとしてやっていける」。男の子の自己肯定感を考えると、一見B校に行って、レギュラーとして活躍したほうがいいように思えます。「成功体験を積んだほうが自己肯定感は高くなる」と考えると、これが正解のように思えるからです。

しかし、成功体験というのは、実はそんなに単純なものではないのです。本当の成功体験というのは、単に勝つことではなく、「負けたり、失敗した状態から立ち直ること」。つまり何かを克服した経験こそが、本物の成功体験であり、自己肯定感はそのような経験から育まれるものなのです。

皆さんも経験からおわかりだと思いますが、私たちはうまくいったときには、自分自身を振り返ることをしないものです。自分に向き合うのは、負けたときや、失敗したときのはずです。「どうやったら次に勝てるだろう」「同じ失敗をしないためには、どうしたらいいのだろう」。そのような試行錯誤の中で、人は成長していきます。

先の男の子はA校にいけば、3年間レギュラーになれないかもしれません。もしかするとベンチにすら入れないかもしれない。そんな自分と向き合い、自分をどう構築していくか。それが男の子の人生に厚みを加えていきます。そして、ちょっとやそっとの失敗では折れない心を作り上げていくのです。

皆さんももしかすると、「体育会系の出身者は、レギュラーかどうかにかかわらず就職で有利」などという話を聞いたことがあるかもしれません。多くの方は「体力と根性があって、元気だから」などと思っているかもしれませんが、事の本質はそこではありません。

次ページ逆境から這い上がる力は、社会人になっても生かされる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT