ブームでも「クラフトビール」を店が売らない訳

やむにやまれない事情が小売り側にもある

ブームなのにクラフトビールをあまり小売店で見かけない理由とは(写真:amphotora/iStock)

クラフトビールの流行を受け、全国各地でビール醸造所の新規開業が増加しています。国税庁によると、2019年3月時点でビール、発泡酒の製造免許場数は全国で410。大手ビールメーカーの工場もここに含まれていますが、300軒以上の非大手の醸造所が稼働しています。1994年の地ビール解禁から低迷期を経て、過去最高を更新しそうな勢いです。

ビールメーカーの増加に伴って大都市を中心にクラフトビールを樽生で取り扱う専門店も続々とオープンしており、外食産業においてクラフトビールは注目のアイテムになっています。今後も成長が期待されるホットな分野です。

店が売らない5つの理由

それなのに、街のスーパーや酒販店で瓶や缶がなかなか買えないと思いませんか? 取り扱っている小売店がそれほど多くないように見受けられます。一部クラフトビール専門酒販店があるとはいえ、東京や大阪などの大都市でも多いとはいえない状況です。流行とは裏腹にクラフトビールが街で手に入りにくいのはなぜでしょうか?

お酒の小売店や酒販関係者に話を伺うと、「正直なところ、クラフトビールは扱えない。やる気がおきないのですよ」という声を聞くことが非常に多いのです。現在のクラフトビールに求められる諸条件と今現在の小売店側の体制、要望が噛み合っていないためです。

たとえブームでもこうした条件を満たす商品は多くありません。クラフトビール業界をウオッチする中で、小売店がクラフトビールをなかなか扱わない理由には5つの理由があるのでは、と考えるようになりました。

1つ目は、商品特性上、保管・管理コストが高いことです。クラフトビールには無濾過・非加熱で遠心分離もしていないものも多く、常温で扱うと劣化してしまうものがあります。品質保全のために冷蔵輸送・冷蔵保管しなくてはならず、小売店で扱う場合にはネックとなります。

次ページ「賞味期限」が短いというネック
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。