無名でもテレビ取材される人には"コツ"がある

誰に向けて情報発信しようとしていますか?

テレビマンが採用したいネタとは?(写真:kotoru/PIXTA)
テレビ番組は情報が命。その情報をネタとして取り上げるかどうかは「多くの人に見てもらえそうか」、つまり「いかに社会に役立つか」が決め手となっています。
「情報プレゼンターとくダネ!」「Mr.サンデー」など、これまで7000番組以上の構成を手がけた放送作家であり『タダでテレビに取り上げられる方法』の著者・石田章洋氏が、テレビマンが思わず採用したくなるネタの作り方を紹介します。

テレビには「公共性」のあるネタが採用される

テレビ番組を制作するテレビマンはつねにネタを探しています。時には企業などから送られてくるプレスリリースを読んでネタを採用することがあります。前回記事でも書きましたが、うまく伝わる書き方さえできれば、自社の商品やサービスがテレビで取り上げられる可能性は十分にあります。

しかし、ただ伝わればいいということだけでなく、テレビで放送するには、条件があります。それは「視聴者にとって有効な情報であること」です。つい「うちの会社の商品は、こんなにすごい」などという自社都合の文脈でストレートに売り込みがちですが、これでは見る側の興味関心を無視しています。視聴者にとって「なぜ今、これを放送するのだろうか?」という納得感が情報にあるかどうかが重要です。

そのポイントの1つとなるのが「公共性」です。

個人的なことでも、視点を高くして社会と絡めることで「公共性」を帯びることもあります。

例えば、「自分のスマホがすぐに壊れた」とSNSに書けば、あくまで個人としての発信になりますが、ほかに同じメーカーのスマホのユーザーから「俺も」「私も」といった声が次々にあがれば「×××社製のスマホは壊れやすい」のではないか、と公共性のあるニュースとなります。もし「あなたのスマホが火を吹いた」のであれば、1件だけであっても、事の重大性から一気に「公共性」を帯びることになるでしょう。

個人的なことや自社都合のことでも、少し視点を高めて、うちの商品は「社会にとってどんな意味を持つのか」と考えてみてください。

次ページ「整骨院に肩こりや腰痛で小学生の来院が増えている」が…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。