無名でもテレビ取材される人には"コツ"がある

誰に向けて情報発信しようとしていますか?

テレビマンが採用したいネタとは?(写真:kotoru/PIXTA)
テレビ番組は情報が命。その情報をネタとして取り上げるかどうかは「多くの人に見てもらえそうか」、つまり「いかに社会に役立つか」が決め手となっています。
「情報プレゼンターとくダネ!」「Mr.サンデー」など、これまで7000番組以上の構成を手がけた放送作家であり『タダでテレビに取り上げられる方法』の著者・石田章洋氏が、テレビマンが思わず採用したくなるネタの作り方を紹介します。

テレビには「公共性」のあるネタが採用される

テレビ番組を制作するテレビマンはつねにネタを探しています。時には企業などから送られてくるプレスリリースを読んでネタを採用することがあります。前回記事でも書きましたが、うまく伝わる書き方さえできれば、自社の商品やサービスがテレビで取り上げられる可能性は十分にあります。

しかし、ただ伝わればいいということだけでなく、テレビで放送するには、条件があります。それは「視聴者にとって有効な情報であること」です。つい「うちの会社の商品は、こんなにすごい」などという自社都合の文脈でストレートに売り込みがちですが、これでは見る側の興味関心を無視しています。視聴者にとって「なぜ今、これを放送するのだろうか?」という納得感が情報にあるかどうかが重要です。

そのポイントの1つとなるのが「公共性」です。

個人的なことでも、視点を高くして社会と絡めることで「公共性」を帯びることもあります。

例えば、「自分のスマホがすぐに壊れた」とSNSに書けば、あくまで個人としての発信になりますが、ほかに同じメーカーのスマホのユーザーから「俺も」「私も」といった声が次々にあがれば「×××社製のスマホは壊れやすい」のではないか、と公共性のあるニュースとなります。もし「あなたのスマホが火を吹いた」のであれば、1件だけであっても、事の重大性から一気に「公共性」を帯びることになるでしょう。

個人的なことや自社都合のことでも、少し視点を高めて、うちの商品は「社会にとってどんな意味を持つのか」と考えてみてください。

次ページ「整骨院に肩こりや腰痛で小学生の来院が増えている」が…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT