無名でもテレビ取材される人には"コツ"がある

誰に向けて情報発信しようとしていますか?

テレビマンが採用したいネタとは?(写真:kotoru/PIXTA)
テレビ番組は情報が命。その情報をネタとして取り上げるかどうかは「多くの人に見てもらえそうか」、つまり「いかに社会に役立つか」が決め手となっています。
「情報プレゼンターとくダネ!」「Mr.サンデー」など、これまで7000番組以上の構成を手がけた放送作家であり『タダでテレビに取り上げられる方法』の著者・石田章洋氏が、テレビマンが思わず採用したくなるネタの作り方を紹介します。

テレビには「公共性」のあるネタが採用される

テレビ番組を制作するテレビマンはつねにネタを探しています。時には企業などから送られてくるプレスリリースを読んでネタを採用することがあります。前回記事でも書きましたが、うまく伝わる書き方さえできれば、自社の商品やサービスがテレビで取り上げられる可能性は十分にあります。

しかし、ただ伝わればいいということだけでなく、テレビで放送するには、条件があります。それは「視聴者にとって有効な情報であること」です。つい「うちの会社の商品は、こんなにすごい」などという自社都合の文脈でストレートに売り込みがちですが、これでは見る側の興味関心を無視しています。視聴者にとって「なぜ今、これを放送するのだろうか?」という納得感が情報にあるかどうかが重要です。

そのポイントの1つとなるのが「公共性」です。

個人的なことでも、視点を高くして社会と絡めることで「公共性」を帯びることもあります。

例えば、「自分のスマホがすぐに壊れた」とSNSに書けば、あくまで個人としての発信になりますが、ほかに同じメーカーのスマホのユーザーから「俺も」「私も」といった声が次々にあがれば「×××社製のスマホは壊れやすい」のではないか、と公共性のあるニュースとなります。もし「あなたのスマホが火を吹いた」のであれば、1件だけであっても、事の重大性から一気に「公共性」を帯びることになるでしょう。

個人的なことや自社都合のことでも、少し視点を高めて、うちの商品は「社会にとってどんな意味を持つのか」と考えてみてください。

次ページ「整骨院に肩こりや腰痛で小学生の来院が増えている」が…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。