「テレビが取材に行く」お店には共通点がある

渾身のプレスリリースがゴミ箱行きになる訳

影響力の高いテレビで「商品」を取り上げてもらうためには……(写真:U-taka/PIXTA)
「わが社の商品をテレビに取り上げてもらいたい!」。そんなときに最も有効な方法はプレスリリースを送ること。しかし、忙しいテレビ局ではすべてのプレスリリースに目を通すのは難しいのが現実です。
情報報道番組を中心に放送作家として30年活躍する石田章洋氏が、新著『タダでテレビに取り上げられる方法』の中から、多忙なテレビマンの目にとまる「プレスリリースの書き方」を紹介します。

SNS時代だからこそ、テレビのPR効果が効く

ビジネスをやっている方なら、誰もが自らの商品やサービスの知名度を高めて、「もっと新規客やリピート客を集めたい」と考えるでしょう。そんなときにおすすめなのが、テレビを通じて、あなたの商品やサービス、あるいは会社名や店名(以降、すべて「商品」)を広く視聴者にPRして認知度を上げることです。

テレビでCMを打つには、数千万円の費用が必要です。しかし、「テレビに取材してもらう」のであればタダです。

しかも、視聴者の信頼度も広告に比べれば、CMよりもPRのほうが断然高くなります。例えば、マツコ・デラックスさんが、いくらテレビCMで、「これ、うっま!」といっても「じゃあ、その商品を買ってみようか」となる人は少ないでしょう。ギャランティーをもらい、仕事としてやっていることが、誰にでもわかるからです。

一方、TBSテレビの人気番組「マツコの知らない世界」で、マツコさんがスイーツを口にして「何コレ? むっちゃくちゃうまいじゃないか、コノヤロー!」と言いながらうっとりと目を細めたらどうでしょう。思わず、食べたくなりませんか? その効果やコストパフォーマンスの高さはCMとは比べものになりません。

次ページ一斉に多くの人にアピールできるメディアは、今もテレビだけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT