自己肯定感を高めるための具体的な5ステップ

「ありのままの自分を認める」ことが第一歩

自己肯定感を高めるために大切なこととは?(写真:ふじよ/PIXTA)

SNS上や書籍などのメディアで、自己肯定感という言葉を目にしたり、聞いたりすることが多くなりました。

拙著『職場の人間関係は自己肯定感が9割』でも詳しく解説していますが、自己肯定感とは、「ありのままの自分を、かけがえのない存在として、好意的・肯定的に受け止める」感覚のことです。自己肯定感は、仕事や人間関係、自己実現など、あらゆる領域の質を上げるための土台となります。

4カ国の自己評価の結果

国立青少年教育振興機構が発表した、日本、アメリカ、中国、韓国の4カ国比「高校生の心と体の健康に関する意識調査」という報告書があります。結果は、次のようなものです(質問に対し、「そうだ」「まあそうだ」と回答した人の割合を紹介)。

「私は価値のある人間だと思う」――日本44.9%、アメリカ83.8%、中国80.2%、韓国83.7%。

「私は今の自分に満足している」――日本41.5%、アメリカ75.6%、中国62.2%、韓国70.4%。

(出所:『職場の人間関係は自己肯定感が9割』)
次ページこの調査からわかることは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。