だから人は本を読む 福原義春著

だから人は本を読む 福原義春著

「私という人間は、今まで読んだ本に編集されてでき上がっているのかもしれない」。そのとおりなのだろう。幼少の頃から親の本を読み漁り、長じては古今東西の古典や気に入ったさまざまな分野の本を貪欲に読破し吸収してきた様が語られる。忙しくて本が読めないという人には、「そんなに忙しければ顔を洗わなければいい。どうして本を読むのだけ」は忙しいというのか、は至言だ。そして細切れでも「読書する習慣」をつくることを勧めている。

「古典を読む意味とは」「読書を通じた知によって本当の価値を知る」「本離れで表現ができない日本人が増えている」など読書の本質と効用が語られるが、中でもウェブ情報頼りで本を読まなくなれば戦略や構想する能力が枯渇するという警告は重要だ。

「読書で仕事が磨かれた」資生堂での体験は説得力があり、終章の出版界への苦言と提言は著者ならでは。読書の季節にふさわしい好著である。(純)

東洋経済新報社 1575円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT