38歳女性が「組合で恋愛結婚」で大成功した理由

「運命の人」は婚活サイトでなく組合にいた

「組合婚」をした人にお話を聞きました(イラスト:堀江篤史)
別時期に同じ会社に入社し、お互いが会社の組合の担当になったのが出会いのきっかけ。組合の年長者の方にいい人がいないか聞いたところ夫との仲を取り持ってくれて交際に発展。昨年1月に結婚。婚活時代、一生懸命『晩婚さん、いらっしゃい!』を見て参考にしていました。特筆すべき結婚ではないですが、過去の私のようにどなたかのヒントになれば幸いです。

本連載の出演申し込みフォームにこんなメッセージが入ったのは今年9月のことだ。簡潔で感じのいい文面であるが、筆者はとりわけ気に留めていなかった。しかし、担当編集者のYさんが「組合」というワードに注目。古めかしい組織と思う人もいるかもしれないが、つながり作りには意外と便利かも、と感じたらしい。

そういえば、筆者の知人(老舗出版社勤務)も一緒に社内の組合活動をしていた女性と結婚した。同じ会社という強力な共通点はありつつ、業務外の課題に取り組む過程でお互いの人間性を知ることができたのだろう。組合婚、いいかもしれない。

仕事に夢中で恋愛に発展することがなかった由里さん

東京・西新宿の高層ビル内にある土佐料理の店に来てくれたのは、メッセージをくれた上村由里さん(仮名、38歳)。ダンガリーシャツにざっくりしたグレーのニットを合わせて、大きなオシャレ眼鏡をしている。快活で若々しい印象を受ける女性だ。現在の大手IT企業に就職したのは7年前で、それまでは長く居酒屋で働いていたという。

この連載の一覧はこちら

「高校を卒業してからずっと同じ店で働いていました。朝まで営業している居酒屋です。常連客からお酒をいただいたり、仕事が終わった後にスタッフ同士で飲みに行ったり。365日、飲んでいました。仕事はすごく楽しかったので体力が続けば永遠に続けたかったのですが、生活が不規則すぎて体を壊してしまったんです」

仕事に夢中で、男友達はいたけれど恋愛に発展することはなかったと振り返る由里さん。お店を泣く泣く辞めた後、ハローワークを通じて規則正しく休みが取れるデスクワークの仕事を探した。その1年後、もともと不仲で別居していた両親が離婚。母親と由里さんの楽しい2人暮らしになったが、母親からはしだいに結婚を急かされるようになった。

次ページ母親からせっつかれ、婚活に励むも…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。