ファーストリテが米Jクルー買収検討

韓国企業も関心

2月28日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、ファーストリテイリングが米衣料小売り大手Jクルーを買収する方向で協議を進めていると報じた。ニューヨークで21日撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 28日 ロイター] -関係筋が28日に明らかにしたところによると、ファーストリテイリング<9983.T>は米衣料小売り大手Jクルーの買収に関心を表明した。Jクルーは少なくとも50億ドルの買収額を求めているという。

別の関係筋によると、韓国の大手衣料品チェーン、イーランドもJクルー買収を検討しており、共同買収について協議を進めている。アジアの商社と組む可能性があるという。

JクルーはTPGキャピタルとレオナルド・グリーン・アンド・パートナーズのプライベートエクイティ(PE)2社が2011年に28億ドルで取得し、非公開化した。

関係各社が本格的な協議を行ったかどうかは不明だ。

Jクルー買収にはファーストリテ以外の企業も関心を示しているという。

関係筋によれば、TPGとレオナルド・グリーンは、新規株式公開(IPO)などを通じJクルーへの投資から撤退する選択肢を模索しているが、なお初期段階にあり、時期や方法は決定していない。

Jクルーのコメントは現時点で得られていない。TPGとレオナルド・グリーンはコメントを控えた。

Jクルーをめぐっては、これより先に米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が28日、ファーストリテが同社を買収する方向で協議を進めており、金額は最大50億ドルになる可能性があると報じている。

WSJは、ファーストリテが今週、買収の可能性についてJクルー経営陣に接触したと伝えた。

関係筋によると、Jクルーは現在、早ければ年内にも再上場する案について検討中で、ゴールドマン・サックスと協議している。

株式市場やデットファイナンスの環境が良好な中で、PE2社は株式公開か他社への株式売却を通じてJクルーへの投資を引き揚げることを検討している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。