アメリカでバカ売れ「アマゾンコート」の今

アマゾンでしか売っていない100ドルダウン

報道も続き、AOLは使用されているダチョウの毛の品質について取り上げ、CNBCは、ほかのコートメーカーはうろたえるべきではないという専門家の意見を紹介した。でも、今となってはうろたえるのも当然かもしれない。オロレーの創業者によると、同社の2019年1月の収益は2017年の通年を上回り、2019年の収益は3000万〜4000万ドルを見込んでいるという。

ニューサイト「Vox」の分析によると、雪だるま式に流行するアイテムは、多くのメディア企業がアマゾンなどのショッピングサイトにリンクを張り、読者がそこで買い物をすれば利益を得られることとも関係があるという。

アマゾンコートがブレイクした理由

アマゾンコートはこの秋、メインストリームを一層目指しているようだ。オプラ・ウィンフリーはコートをお気に入りリストに入れた。アマゾンはコートを特集したホリデーカタログの郵送を開始。ESPNのレポーターであるミッチェル・スティールは最近、オリーブカラーのアマゾンコートを着てテレビに出演した。

ファッションサイトは2019年の新色(レッド)や、メンズやキッズ商品など展開が広がったオロレーのコートに注目している。コートに関するほぼすべての記事には、それを購入することができるリンクが張られている。

なぜこのコートにこれほど大騒ぎするのだろう? ファッショントレンドはどの時代にもあり、インスタグラムが誕生するずっと前から商品が口コミで広がることはあった。しかし、アマゾンコートにはユニークな点がいくつかあった。

第1に、名前が知られたブランドの製品ではなかった。ビルケンシュトックが再びヒットしたのとも違うし、1950年代に創業し1990年代に流行したハッシュパピーとも違う。

第2に、コートは実店舗ではいっさい取り扱っていなかった。アマゾンでしか購入することができなかったため、冬用コートにもかかわらず試着をせずに買うしかなかった。

次ページ今年も着て大丈夫?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT