アメリカでバカ売れ「アマゾンコート」の今

アマゾンでしか売っていない100ドルダウン

ニューヨークで誰もが着ていた「アマゾンコート」とは?(イラスト:Ceci Bowman/The New York Times)

数週間前の季節外れの暖かい秋の日、夫が考え込んだ口調で私にこう尋ねた。「今年もまたコートを着るのは恥ずかしい?」。

おかしな質問のように思えたが、夫の言いたいことはすぐにわかった。私の冬用コートは、あの「アマゾンコート」なのだ。何千人ものニューヨーカー(少なくとも何千人いるように思える)に交じって、私も昨年の冬にアマゾンで100ドル程度のダウンジャケットを買った。

驚くほど安かった「アマゾンコート」

ゆったりとしたシルエットでジッパーと大きなポケットがいくつも付いているそのコートは、特別スタイリッシュではなかったが、スタイリッシュでないこともなかった。

しかし、同じようにバイラル(口コミ)で広がったグース(ガチョウ)が目印のアウターが1000ドル以上するのに対し、アマゾンコートは、そう、安かった。それも驚くほど。そしてクリックするだけで買える。2018年の初めに私のツイッターのフィードに現れたころには、コートは私のアパートに届いていた。

現在、「アマゾンコート」は107ドルで販売されている(アマゾンのサイトより)

しかし、2019年になるとコートは小さくなって色もくすんだように見え、明らかに汚れていてクローゼットの隅に追いやられていた。こうなったアイテムはどうなるのか? 再び着る人はいるだろうか? リサイクルに出す人は?

「先日着たらすごく変な気がした」と、作家のキャロライン・モスは言う。「ミームを身に着けているような気分だった」。ブルックリン在住の小説家エミリー・グールドも、「自分がまだあれを着ているのがすごく悲しい」と話す。

次ページ誰がコートをはやらせたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT