「米景気への楽観的な見方、弱める理由なし」

セントルイス連銀総裁、米国経済に「太鼓判」

2月28日、米セントルイス連銀のブラード総裁は、年内の景気動向に対する楽観的な見方を弱める理由はないとの見解を示した。写真は同連銀で2011年6月撮影(2014年 ロイター/Peter Newcomb)

[ニューヨーク 28日 ロイター] -米セントルイス地区連銀のブラード総裁は28日、米国の大部分の地域を見舞った悪天候は経済活動に影響を与えているものの、年内の景気動向に対する楽観的な見方を弱める理由はないとの見解を示した。

ブラード総裁はCNBCに対し、悪天候の影響を厳密に把握することは極めて困難と述べた。

さらに、2014年の国内総生産(GDP)の伸びが前年から加速し、インフレ率は「目標に向け回帰する」との見通しを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT