特捜の看板には無理がある--『検察の正義』を書いた郷原信郎氏(弁護士、名城大学教授)に聞く


 だから、ルールを全体として経済社会の中で守っていく。そういう目的のために刑事罰が使われる。刑事司法としての経済司法は、そういうものでなければいけないはず。そこには価値判断が必要だ。

カルテル、談合が悪い、あるいはインサイダー取引、有価証券報告書の虚偽記載が問題といっても、社会の価値判断の下でどう事実を認定し、法律に照らして処罰すべきか。

ここは検察として経済社会の実態をしっかり理解して、どの程度悪質か重大かということを含めて評価し、法を当てはめていかなければいけない。そうなると、検察はもっと開かれた感覚、開かれた目をもっていなければいけなくなる。

--単純な一罰百戒ではなく、「一罰一戒百戒」で、とも。

私は一罰百戒は一罰一戒百戒でないといけないと思っている。一罰が一罰で済んでしまうと思ったら残りの九九は、あいつは運が悪かったなと思うだけで何も改めない。しかも、つまみ食いしやすいところだけを捕まえたら、その本人はどう思うか。納得できないといって徹底的に抗戦する。なんで自分だけがやられるのかということで納得も反省もしない。

だから、百の違反行為がある中で、まず可能な限り検挙できる悪質重大なものから摘発していく。それを制裁対象にすれば、一罰の対象になった側もそれでは仕方がないなと思って受け入れ、残りの九九も改めるだろう。そういう意味で戒めになる。

私はやはり一罰一戒百戒でなければいけないと、そういう意味で言っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT