米下院委、トランプ大統領弾劾訴追案を可決

本会議で採決可決なら上院で弾劾裁判開始へ

12月13日、米下院司法委員会はトランプ大統領弾劾訴追案を巡る採決を実施し、権力乱用と議会妨害の弾劾条項を賛成多数で可決した。写真は同日、ホワイトハウスで記者団に語るトランプ大統領(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米下院司法委員会は13日、トランプ大統領弾劾訴追案を巡る採決を実施し、権力乱用と議会妨害の弾劾条項を賛成多数で可決した。

同案は来週にも野党民主党が多数を占める下院本会議で採決に掛けられ、可決される公算が大きい。その後、数週間以内に上院で弾劾裁判が開始される見通し。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。