ぐっちーさんは「リーマンショック」を予言した

当時と同じように今は皆が高をくくっている

ぐっちーさんは「サブプライム問題」からリーマンショックに至る道を予言していた(写真:Aurora Photos/アフロ)

この「市場深読み劇場」の連載が始まったのは2012年の秋、第2次安倍晋三内閣が始まる少し前くらいの時期だった。思えばずいぶん長く書き続けてきたものである。

当時は、東洋経済オンラインがまだ「月間500万~700万PVくらい」であった。それが今では2億PV前後ということだ。この低成長時代に、「7年間で何十倍にもなったのはすごい伸びと言えよう。われわれ3人の執筆者は偶然にも、スマホ使用者の拡大とネットメディアの勃興期に居合わせたことになる。その意味で、まことにラッキーだったのかもしれない。

ぐっちーさんが耳元で囁いているような気がする

それでもコンテンツが悪かったら、連載が足掛け8年も続くことはなかったはずである。昨年11月の「東洋経済オンライン・レギュラー執筆者感謝の夕べ」では、われわれ3人は「ロングランヒット賞」なるものを頂戴した。いわば「長く続いたで賞」、中年オヤジ3人組は「無事これ名馬」であると認定してもらったのである。

ところが世の中はわからないもので、ぐっちーさんはこの9月、天に召されてしまった。そうなのだ。どんな楽しいことであっても、いつかはかならず終わりがやってくる。そのことはわかっているつもりなのだが、実際に起きてしまうと、後に残された者としては途方に暮れるしかない。

果たして山崎元さんと私の2人で、この連載を続けるべきなのだろうか。いちばん派手なキャラを失った「トリオの残りの2人」に、存在価値はあるのだろうか。読者はついてきてくれるのだろうか。そんなことを自問していると、故人が耳元で「書きなよ、どうせネタはいっぱいあるんだろ?」と囁いているような気がしてきた。

ぐっちーさんに会った人なら、みんな知っているだろう。明るくて、賑やかなことが好きで、笑顔が素敵な人物であった。「おいおい、オレのことで落ち込むなんて許さないぜ」、と怒られてしまいそうだ。

次ページぐっちーさんは「リーマン」導火線の本質を見抜いていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT