ぐっちーさんは「リーマンショック」を予言した

当時と同じように今は皆が高をくくっている

ここからは恒例の競馬コーナーだ。一雨ごとに秋の到来を感じる季節となった。主戦場は千葉の中山か東京の府中へ。週末は秋のG1レースの前哨戦となる毎日王冠(10月6日、G2、芝1800m、東京競馬場)が行われる。

毎日王冠の本命は「通過点」のダノンキングリー

ここは深く考える必要はなく、3歳馬のダノンキングリー(8枠9番)から。9月の神戸新聞杯におけるサートゥルナーリアの勝ちっぷりを思えば、今年の3歳牡馬は相当にレベルが高い。そしてダノンキングリーは皐月賞で3着、ダービーで2着。ダービーではサートゥルナーリアにも先着している。斥量も54キロと恵まれるここは通過点で、気持ちは秋のG1レースであろう。

対抗にはインディチャンプ(4枠4番)をとろう。6月に安田記念を制した際には、あのアーモンドアイに先着している。これまでマイル戦が多かったが、血統的には1800~2000mでも十分に走りそうだ。そして斥量58キロは安田記念と同じ条件である。

頭数も少ないので、馬券はこの2頭の馬単マルチで。3着に意外な馬が来て高配当、というシナリオも思い浮かぶのだが、それはこの際考えないことにしよう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。