「人から嫌われても」全く気にしない人の共通点

銀座のママは見た!「一流の男性」の特徴

私が夜の銀座で出会った方々には、「時間の大切さを知っている」という共通点があります。時間を守ることが、ビジネスでもプライベートでもいい人間関係を築くために大切なことをご存じだからです。ビジネスでの納期や期日、人との待ち合わせの時間や約束した時間を守ること。こういったことの積み重ねで信用されるようになり、信頼関係が築けるようになります。

時間を守る人は信用され、信頼されます。辞書で「信用」と「信頼」を調べてみると、次の説明がありました。

信用:信じて用いること
信頼:信じて頼ること

信用とは、今までの過去の実績を踏まえた評価として信じられる。信頼とは、過去の実績やその人の人柄を見たうえで、その人の未来の行動を想像し、期待して信じることだと思います。信頼とは、相手を信用して頼りにすること。その人やその会社の未来を信頼するためには、過去の実績を信用してこそ。まずは、信用があってこそ信頼につながるのです。

時間にルーズな人を信用できますか?

時間の大切さを知っている方は、自分自身のことも期日や時間を決めて行動なさっています。あなたの知り合いや友人の中に、時間にルーズな人はいませんか? もし、いるならば、あなたはその人のことを信用していますか?

時間にルーズな人は時間を守らないことで、信用されないだけでなく、本人が意図していなくても、受け取る相手によっては「あなたは大切な存在ではない」という態度の表れのように感じる人もいるはずです。大切にされていないと感じる相手とは、いい人間関係を築くことは難しいものです。

『銀座のママが惚れる 一流の男』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

成功している一流の方々は、そのことをご存じだから、時間を守るだけではなく時間に余裕を持って行動されています。時間に余裕があるということは、心にも余裕が生まれます。その心の余裕が人に接する態度だったり、自身の立ち居振る舞いに現れるからです。

時間を守ったり、時間に余裕を持つためには、効率よく時間を使うことも大切になってきます。

また、時間は使い方、認識によっては、人からの信頼を得ることができるようになります。

自分が尊敬している人や信頼している人からある人を紹介されて、「この人とはもう10年以上の付き合いなんだよ」と言われたら、あなたはどう感じますか? 自分が尊敬している人や信頼している人が知り合って10年以上もお付き合いしている人=信用、または信頼できる人に違いないと、意図しなくても無意識に感じるはずです。

いい人間関係が築けている人と知り合ってからの時間が長くなると、それだけで他の人からの信用や信頼につながるのです。成功している方々は、色んな意味で時間の大切さを知っています。

今回ご紹介した内容以外にも、成功を収めている一流の男性の共通点は多くあります。1つひとつは誰にでもできることばかりですが、すべてのことを習慣として徹底することは並大抵のことではありません。皆さんは、いくつのことができているでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。