3メガ損保が直面する「脱石炭」の猛烈な風圧

世界の流れに乗り遅れ、ランキングで低評価

日本の3メガ損保は石炭火力発電の保険引き受け方針ランキングで最下位となった。写真は関西電力と伊藤忠エネクスグループが運営する仙台市内の石炭火力発電所(記者撮影)

日本の損害保険大手3グループが、石炭火力発電や採掘など石炭関連事業への保険引き受け方針をめぐって、国際世論の厳しい視線にさらされている。

「The Sunrise Project」や「グリーンピース」など国内外の環境関連NGO13団体が加盟する「Unfriend Coal」キャンペーンネットワークは12月2日、世界の大手保険会社30社について、石炭関連事業への保険引き受け方針に関するランキングを公表した。

日系3メガ損保の得点は最下位

同ランキングは石炭関連事業の保険引き受けを停止したり、制限したりする会社ほどスコアが高く、上位をチューリッヒやアクサなど欧州の大手保険会社が占めた。アメリカやオーストラリアなどの損保も上位の一角に顔をのぞかせた。

一方、東京海上ホールディングス、MS&ADインシュアランスグループホールディングス、SOMPOホールディングスの日系3メガ損保はいずれも点数がゼロで、最下位となった。AIG(アメリカ)やウォーレン・バフェット氏が経営するバークシャー・ハサウェイ(同)なども最下位だった。なお、30社にはプラント向けの損害保険を提供していない4社が含まれる。

Unfriend Coalキャンペーンの参加メンバーとしてランキング作成に関与した「環境・持続社会」研究センター(JACSES)の田辺有輝氏は「日本の3メガ損保が最下位になった原因は、石炭関連事業に関する保険引き受けを停止・制限する方針を持っていないことにある」という。

次ページ損保ビジネスを危うくする石炭火力発電
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。