中国人民元、週間で過去最大の下げ幅

人民銀が介入強化、来週の全人代で改革案発表も

2月28日、中国外国為替市場の人民元相場は、週明け以降対ドルで0.8%の下落となっている。週間下落率は過去最大となる可能性がある。北京で昨年5月撮影(2014年 ロイター/Petar Kujundzic)

[香港 28日 ロイター] -上海外国為替市場の人民元相場は下落し、週間ベースで過去最大の下げ幅となった。全国人民代表大会(全人代=国会)第2回会議を来週に控え、中国人民銀行(中央銀行)が元安誘導の介入を強化したことが背景。中国政府は全人代で市場改革案を発表する可能性がある。

人民元の持続的上昇を見込んだ投機資金の流入を防ぐため、人民銀は先週半ばから元の対ドル基準値を元安方向に設定したり、国有銀行にドル買いを指示するなど、積極的に元安誘導を進めてきた。

人民元の急落により、世界の投資家は中国経済の減速や高水準の地方政府債務、リスクが高まっている「影の銀行(シャドーバンキング)」への警戒感を一段と強めている。

人民銀の激しい為替介入で、この日のオンショア市場の人民元相場は対ドル基準値から1%下落。1日の変動幅が基準値から上下1%までと決められている許容値に達するのは2012年7月以来となる。

一部のアナリストは、向こう数日間はさらに元安が進むとみている。

人民元は一時、1ドル=6.1808元と前日終値比で0.8%超下落。人民銀はこの日の対ドル基準値を6.1214元と、前日の同値(6.1224元)より0.02%元高・ドル安に設定していた。

対ドル相場終値は1ドル=6.1450元と前日終値(6.1284元)比で0.27%の下落。週間ベースでは約0.9%安、月間では1.4%安といずれも過去最大の下げ幅となった。

東亜銀行のシニア市場アナリスト、頼春梅氏は「人民元のスポット相場が心理的に重要な水準である1ドル=6.20元よりも元安になる可能性は十分あり、早ければ来週にも起きうる」と指摘。その上で「元安が急速に進まなければ、元高期待の投機資金を根絶できない」との見方を示した。

人民元の対円相場終値は100円=6.0414元(前日終値5.9984元)、対ユーロ相場終値は1ユーロ=8.4250元(同8.3693元)。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。