「深緑のiPhone」を実現したある日本企業の正体

ティム・クックが埼玉の工場を訪れたワケ

埼玉県蓮田市のセイコーアドバンスの工場を視察するティム・クック氏。iPhone 11 Pro向けの新色「ミッドナイトグリーン」の塗料をじっくりと見ていた(筆者撮影)

アップルのティム・クックCEOは12月8日からの3日間、東京を中心に精力的に視察の日程をこなした。

12月8日には直営店「アップル 表参道」で13歳と84歳の2人の日本人女性アプリ開発者と会い(参考記事:アップルのCEOが「表参道」に突如現れたワケ)、その夜はアーティストの星野源氏と居酒屋で夕食をともにした。

12月9日には慶應義塾大学病院の木村雄弘特任講師を訪ねた。Apple Watchでの詳細な体の状態の取得と、医療からエクササイズの情報までを格納するiPhoneのヘルスケアアプリをきっかけに、iPhoneは「安心して健康の情報を預けられる唯一の存在」を目指している。

高いセキュリティを担保に医学研究を行うResearchKitや、病院内での医療ケアアプリを構築するためのCareKitなどの開発環境を整えており、日本でもその活用が期待される。またすでに日本で販売中のApple Watchに内蔵されているECG(心電図)機能の認証を取るべく全力を挙げているという。

その後、身近な人とのカレンダー共有アプリ「TimeTree」のオフィスを訪問し、アップル丸ノ内で行われた立教小学校3年生のフィールドトリップのSwiftの授業に飛び入り参加した。この場には、ティム・クックCEOとともに、アップルのバイスプレジデントで直営店と人事を担当するディアドラ・オブライエン氏も参加した。

セイコーアドバンスを訪れた2つの理由

日程3日目、12月10日の朝は早かった。

早朝まで雨が降っていた火曜日の朝、午前8時に埼玉県蓮田市に現れたクック氏が訪れたのは、セイコーアドバンス。スクリーン印刷インキのトップ企業として「色」をさまざまな素材に与えてきた存在だ。

3年前の来日の際にもクック氏はいくつかのサプライヤーを回ったが、今回セイコーアドバンスを訪れたのには2つの理由があった。

次ページアップルグリーンファンドとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。