米国、道路修復に4年間で3020億ドル投資

オバマ大統領が表明、議会審議進展は見込み薄

2月26日、オバマ米大統領は26日、道路・橋の修復に4年間で3020億ドルを投資する計画を発表した(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[セントポール(米ミネソタ州) 26日 ロイター] -オバマ米大統領は26日、道路・橋の修復に4年間で3020億ドルを投資する計画を発表した。

ただ、財源を確保するには税制改革が必要で、議会で審議が進む見込みは薄いとみられている。

議会は、運輸関連の歳出法案を9月30日までに可決する必要がある。道路整備費の財源である道路信託基金は、歳入不足で必要な整備費用をねん出できない状況となっている。

このため、オバマ大統領は、一部の優遇税制を廃止して歳入を増やし、1500億ドルを運輸分野に振り向ける4年間のプランを策定。ただ、実現には法人税改革が必要となる。

大統領は「議会が夏の終わりまでに運輸法案を可決しなければ、建設事業がストップし、機械が利用されず、雇用が失われる」と表明。

共和党のベイナー下院議長は、この問題について大統領と協議したが、結論は出なかったと述べた。

上院環境公共事業委員会のバーバラ・ボクサー委員長は、大統領の案が議会を通過する可能性は低いとの見方を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT