井口尊仁というオトコは変人なのか!?

テレパシー・井口尊仁CEOと語る(下)

ジェフ・ベゾスにも“かまし”ました

――テレパシーは現在、カリフォルニア州サニーベール市に本社を置いています。シリコンバレーで起業しようと決めていたのですか。

撮影:梅谷秀司

井口:初めから決めていました。伊佐山さんからの影響も大きいですね。DCM時代に、サンドヒル・ロード(米スタンフォード大学の脇を南北に抜ける緑豊かな道路で、有名ベンチャーキャピタルが軒を連ねている)に呼んでいただき、トップクラスの投資家や起業家と直接会う機会がありました。

そのときに、「あれっ!?」と思ったのです。これまで東京で“ぶいぶい”言わしていたけど、井の中の蛙だったなと……。中でも、アマゾン・創業者のジェフ・ベゾスと会ったときは、「すごいな」と。考え方や展開力がまったく違いました。

ただ、いつものように僕が「アマゾンはソーシャルもモバイルも弱すぎで、なっとらん。クソだ! セカイカメラと組んだらやばいよ」と“はったり”をかましたら、ベゾスはウケてくれて、横から秘書が「次のアポイント」についてのメモを渡すのですが「ちょっとまて」と。それが2回続きました。やった、追加オーダーはいりましたと(笑)。

伊佐山:当時、頓智ドットのときは、シリコンバレーでやろうとは思わなかったのですか。

井口:すごくいい質問である一方、お答えしにくい質問です。僕はぶっちゃけ、行く気満々でした。海外のカンファレンスやアワードに積極的に出席し、その都度、チャンスを探っていた。ただ、経営者として「いつまでにこういうバジェット(予算)で、こういう陣容で、こういうふうにいくべし」という判断を下せなかったのです。それは僕の経営者としての甘さで、機が熟したらということを言いつつも、結局はアドホック(その場かぎり)でした。

2011年にサンフランシスコでオフィスを構えて3カ月間挑戦したのですが、短期間で、そこでオーガナイズ(組織づくり)する意思決定も十分になかった。だから結果として、DCMさんも含めて投資家から「何やってんだ。日本に戻ってこい」と言われ、撤退した経験があります。

今でも、そのときの敗北感が強くあるのです。当時は、おカネも優秀なヒトもすばらしい製品もあった。「シリコンバレーでやろう」という意思決定が本来ならばできたと思うのです。それを僕ができなかった。

だから、テレパシーでは不退転の決意です。予算もヒトも計画もしっかり持っていますし、絶対にやります。日本に戻るつもりはありません。

次ページテレパシーはウェルカムです、投資、できちゃいます
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT