人民元、米ドルへの対抗通貨となる可能性

ECBのメルシュ専務理事が示唆

2月26日、ECBのメルシュ専務理事は、人民元が最終的に米ドルに対抗する存在となる可能性があるとの認識を示した。写真は両通貨。台北で2010年6月撮影(2014年 ロイター/Nicky Loh)

[ルクセンブルク 26日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は26日、中国の人民元が国際貿易や投資分野で重要性を増しつつあり、最終的に米ドルに対抗する存在となる可能性があるとの認識を示した。

同氏は人民元に関する会合での演説原稿で、人民元が国際投資通貨として地歩を固める第一歩を踏み出しつつあるとして、中国政府に経済や金融部門の改革を続けるよう求めた。

同氏は「もし(中国政府が)そういうことを実行できれば、いつの日か主要な準備通貨になる可能性もある」と指摘した。

さらに「中国経済の規模や、世界貿易や恐らく金融分野での重要性に鑑みて、人民元は最終的に米ドルに対抗する存在となる可能性を秘めている」とした。

同氏は、人民元の国際化が進み、ユーロ圏内の金融機関が保有する人民元建て資産へのエクスポージャーや負債の増大で生じるリスクについて、より注意深く監視する態勢が必要になるとの認識を示した。

また「ユーロ圏内での中国金融機関の存在感が増し、自国や受け入れ当局間の協力、情報交換を拡大させる必要性など、銀行監督にかかわる課題も生じている」と指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT