中国、外貨預金の金利規制を完全撤廃

上海の自由貿易区で実施へ

2月26日、中国人民銀行は、上海自由貿易試験区で外貨預金の金利規制を完全に撤廃すると発表した。写真は中国の国旗。広東省で2009年7月撮影(2014年 ロイター/Bobby Yip)

[上海 26日 ロイター] - 中国人民銀行は26日、上海自由貿易試験区で外貨預金の金利規制を完全に撤廃すると発表した。上海地域を管轄する人民銀行がウェブサイトに掲載した声明によると、残高が300万ドル未満の外貨預金について、3月1日から金利の上限を撤廃する。

残高が300万ドル以上の外貨預金金利は、外貨建ての貸出金利と共に2000年に中国国内で既に自由化されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT