実践・老荘思想入門 一喜一憂しない生き方 守屋洋著

実践・老荘思想入門 一喜一憂しない生き方 守屋洋著

「人みな有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり」。世の中には「無用」があるからこそ「有用」があり、「有用」は相対的なものにすぎないという荘子の言葉だ。

「功遂げ身退くは天の道なり」。つまり引き際を誤るなという老子の教えだ。

日本人の考え方や処世に少なからぬ影響を及ぼしてきた老荘思想は、人間らしくあるがままに伸び伸びと生きよという人間の本音を表す庶民の思想であり、老獪な生き方の知恵でもある。

「善く敵に勝つ者は与わず(老子)」「耳で聞くよりも心で聞け(荘子)」等々、代表的な36の名言を、歴史上の人物や現代の著名人にまつわるエピソードを例に挙げながら解説する。

角川SSC新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。