なぜ飼い犬に手をかまれるのか 動物たちの言い分 日高敏隆著

なぜ飼い犬に手をかまれるのか 動物たちの言い分 日高敏隆著

幼い頃からの生きもの好きが高じて、そのまま昆虫学者・動物行動学者になった著者が、生き物に関するさまざまな疑問、驚きの生態などをつづったエッセイ集。

たとえば、巣の中で大きな口を開けているヒナ鳥たちに、親鳥はどうして確実に餌を与えられるのか。それはヒナの口の形が、黄色い菱形をしているから。同じような形の模型でも親鳥は餌を与えるという。手足をなくし体を細く進化させた蛇は、内臓も独特。肺も腎臓も左側に片方だけ。その肺は体全体にわたって細く延び、二つ分の働きをしているという。

ほかに、地球温暖化問題などにも触れられているが、人間も他の動物と同レベルで論じているところが面白い。

PHPサイエンス・ワールド新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。