なぜ飼い犬に手をかまれるのか 動物たちの言い分 日高敏隆著

なぜ飼い犬に手をかまれるのか 動物たちの言い分 日高敏隆著

幼い頃からの生きもの好きが高じて、そのまま昆虫学者・動物行動学者になった著者が、生き物に関するさまざまな疑問、驚きの生態などをつづったエッセイ集。

たとえば、巣の中で大きな口を開けているヒナ鳥たちに、親鳥はどうして確実に餌を与えられるのか。それはヒナの口の形が、黄色い菱形をしているから。同じような形の模型でも親鳥は餌を与えるという。手足をなくし体を細く進化させた蛇は、内臓も独特。肺も腎臓も左側に片方だけ。その肺は体全体にわたって細く延び、二つ分の働きをしているという。

ほかに、地球温暖化問題などにも触れられているが、人間も他の動物と同レベルで論じているところが面白い。

PHPサイエンス・ワールド新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。