消費税をどうするか 再分配と負担の視点から 小此木潔著

消費税をどうするか 再分配と負担の視点から 小此木潔著

社会的安全網を強化するための財源として消費税の問題は避けて通れない。もはや、財政赤字の削減を最優先するあまり経済成長や社会の安定を損なうような財政再建論や、「政府は小さければ小さいほどよい」「税金は安ければ安いほどよい」といった見地からの税制改革は妥当ではない。むしろ「危機を超えるための改革」の一環として、社会的安全網と所得再配分の強化のために負担と給付のあり方を工夫し、消費税の機能もそれに合わせて変えるという道を模索すべきである--。

現在の経済・社会危機の同時対処には、新たな政策が必要であり、消費税は「生活者本位の構造改革とグリーンな経済成長」の線上で考えよと、新聞論説委員が主張する。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。