総合スーパーの苦悶、値下げ・食品強化策も振るわず、軒並み赤字!

 店舗リストラは不完全 総合からの脱皮も

採算改善に向けて残された手段が、不採算店のリストラだ。これまでもダイエーが4月に3年間で約20店の閉鎖を発表。今期は上期に1店、下期は5店を閉鎖する計画だ。ヨーカ堂も今後、最大30店規模の不採算店の閉鎖を検討するという。

ただ、実際にどこまで進むかは不透明だ。05年にセブン&アイHDが誕生した際も、ヨーカ堂は08年2月期までに不採算店30店を閉鎖すると発表したが、「家賃低減が順調に進み、採算が向上した」(同社)と、現状では20店にとどまっている。イオンも08年、約60店舗の閉鎖計画を発表したが、岡田元也社長が今年に入り「計画のほとんどは業態転換になる」とし、当初の方針を見直している。

イオンは通期の増益予想を修正しておらず、「残業時間の圧縮などの経費削減や商品原価の引き下げで計画は達成可能」(岡田社長)とする。一方のヨーカ堂は「仕入れ値交渉や本部経費の削減に加え、個店主義で品ぞろえを徹底」(亀井淳社長)して黒字浮上を狙う。

だが、消費回復の糸口が見えないまま、いくら経費削減に努めても、GMS再生に向けた抜本的な解決策とはなりえない。今後のGMSについて、野村証券の正田氏は「総合という看板にとらわれず、思い切った商品の絞り込みが必要」と指摘する。業態存続への打開策は見いだせるのか。GMSはまさに正念場を迎えている。

(鈴木良英、田邉佳介、堀川美行 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT