93歳の母の最期を娘が「美しい」と感じた理由

長い介護の先に見えてきた意外なこと

長坂は知人の紹介で、愛知県内で行われた柴田久美子(日本看取り士会会長)の講演会を、妹と2人で聴きに出かけた。在宅看取りを勧める柴田の話を聴き、最後は看取り士に依頼することを姉妹で決めた。

鉄工所を経営していた父親は、63歳のときに脳溢血ですでに他界。姉妹2人で、自宅で看取るのは初めてだった。

相手の心を解きほぐす呼吸合わせの練習

「一緒に呼吸をしますね」

看取り士の西河美智子(57)は、長坂の93歳になる母親が「苦しい」と言うので、そう話しかけた。しばらく西河が呼吸合わせを続けていると、母親が、「ああ、楽……」とつぶやくのを、長坂は確かに聞いた。寝たきりになって約3週間、苦しむ表情しか見ていなかった分、思わず空耳かと疑ったほどだ。

2019年3月の初め、母親が旅立つ8日前のマンションの一室でのこと。和室に置かれた介護用ベッドに、長坂はあぐらをかいて座り、その右太ももに母親の頭を乗せ、自身は前かがみで顔を近づけて呼吸を合わせていた。

長坂の妹と、西河ともう1人の看取り士はベッドを囲み、母親の腕や脚を手でさすりながら、2人の呼吸に合わせていた。看取り士が勧める「幸せに看取るための4つの作法」の1つ。本人の体に触れながら呼吸を合わせる。本人と家族との間で一体感と安らぎを生むのが目的だ。

実は当日、長坂姉妹も事前に西河の太ももに頭を乗せ、その呼吸合わせを体験済み。長坂の感想は「こんなに気持ちいいもんなんだ」だった。

筆者も以前、体験させてもらったことがある。元看護師でもある西河の右太ももに頭を乗せると、彼女が顔を20センチメートルほどに近づけ、呼吸を合わせながら、右腕を柔らかい手で触れてくれた。

すると、当時53歳のオッサンである筆者は、まるで母親の胸元で抱かれていた、赤ん坊の頃に還ったように両肩の力が抜け、両頬が自然と緩んだ。西河からその状態で「大丈夫」と声がけされると、こんな穏やかに看取られるなら死ぬのはそう怖くないかもしれない、と思えた。

次ページ穏やかな看取りができる環境が整った
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT