病院で亡くなる人が約8割の今、「人生の最期は病院の裏口ではなく、自宅玄関から肉親を送り出してあげたい」と考える人が増えている。意思の疎通もとれないままに生かされる、延命治療への生理的な嫌悪感が背景にある。

一般社団法人「日本看取り士会」は、1970年代半ばまでは常識だった、自宅で看取る文化を取り戻す活動を続けている。家族からの依頼を受けた看取り士は、余命告知から納棺までに寄り添う。最後の1週間は本人が住み慣れた自宅に戻り、医師と連携を取りながら、本人の死への恐怖や、家族の不安を和らげながら過ごす。最期は抱きしめて看取り、いのちのエネルギーを受けつぐことをうながす。

看取り士の活動を取材し、『抱きしめて看取る理由』の著書のある著者が、看取り士と家族がつくる「温かい死」を訪ねる。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。