ホンダ、本社役員に外国人と女性初登用

女性管理職は、全体のまだ0.7%

2月24日、ホンダは、執行役員にホンダサウスアメリカ・リミターダ取締役上級副社長のイサオ・ミゾグチ氏が就く人事を発表。社外取締役には、芝浦工業大学大学院教授の國井秀子氏の内定も決めた。写真は同社ロゴ。2012年7月、川崎市で撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 24日 ロイター] -ホンダ<7267.T>は24日、執行役員にホンダサウスアメリカ・リミターダ取締役上級副社長のイサオ・ミゾグチ氏が就く人事を発表した。社外取締役には、芝浦工業大学大学院教授の國井秀子氏の内定も決めた。

本社役員に外国人と女性を登用するのは、ホンダとして初めて。

ミゾグチ氏はブラジル国籍を持つ日系ブラジル人で、現在モトホンダ・ダ・アマゾニア・リミターダ取締役社長も兼務。4月1日付で南米地域担当の執行役員として就任する。

國井氏は現在、芝浦工大大学院工学マネジメント研究科教授で、同大学学長補佐、男女共同参画推進室長も務める。内閣府の男女共同参画推進連携会議議員メンバーでもある。6月に開く定時株主総会を経て就く予定。ホンダは今回の登用について「最適な人材配置」の結果としている。

政府は日本の成長戦略の中核として提唱している女性活用の具体策として、社会のあらゆる分野で指導的地位に占める女性の割合を「2020年までに30%程度」とする目標を掲げている。その達成に向けて、安倍晋三首相は「全上場企業でまずは役員に1人は女性を登用してほしい」と経済界に要請している。

ホンダの従業員(日本)に占める女性の割合は約7%で、女性管理職は0.7%にとどまっている。

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。