フェラーリだけの「モーターショー」開催の理由

9月に開かれたイタリアのイベントに参加

ところが、マーケットが拡大している中国をはじめとするアジア諸国以外でも、実は大きな存在感を保っているモーターショーが存在する。国際モーターショーの1つである、スイスで行われるジュネーブモーターショーだ。

今年開かれたジュネーブモーターショーの様子(筆者撮影)

スイスは自動車メーカーを持たないため、ジュネーブ空港に隣接した展示場の運営会社「パレクスポ」がショーを主催する。そのため、開催国メーカーの思惑に左右されず、ニュートラルな運営に徹することができるのだ。会場はコンパクトで各スタンドも比較的質素だが、多くの出展メーカーが世界中から集まるのが特徴だ。名前も初めて聞くような少量生産メーカーが突然現われたりもする。

時代は屋外複合型モーターショーへ

なぜ、このジュネーブモーターショーが毎年大盛況なのか(現在、多くのモーターショーは隔年開催)。

それは、世界中の自動車業界関係者が集まり、もれなくメーカーの方向性をアピールできること、新しくレアなモデルを見つけて、その場で注文を入れる“上客”がそこに集まることにある。スタンドの規模にも制約があるため、出展コストもトータルでは抑えられ、ハードルが低いこともその理由であろう。

また、世界的なトレンドとして、屋外の複合型モーターショーへの流れが見受けられる。イタリアは、日本などと比べて比較的、自動車への関心が若い世代でも高いと感じるのだが、そこでもモーターショー劣勢は否めない。カーデザインのトレンドセッター的な存在であったトリノモーターショー、そして隆盛を誇ったボローニャモーターショーもすでに消滅してしまった。

しかし、イタリアにおけるクラシックカーのコンクールデレガンスや公道ラリー、サーキットイベントなど、クルマに関わるイベントの多さには驚く。近年はトリノモーターショーの系譜を引き継ぎ、トリノ市街の公園や旧市街のスクエアをベースとして開催された「パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」は、大きな盛り上がりを見せた。

イタリアで開かれたパルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー(筆者撮影)

「モーターショーはコストがかかりすぎます。各メーカーがスタンドの豪華さを競い、ごく短期間の展示のために多額をかけてスタンドを設営し、終わるとすべてが破棄される。これはメーカーも、そして来場者も求めていないことです」と、主催者のアンドレア・レヴィ氏は語る。

次ページスタンドではなく走る姿を
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT