超初心者のための「月3000円から投資」の始め方

ローリスク・ローリターンでも増やせる

超初心者でもできるローリスク・ローリターンの投資の始め方を教えてもらいました(写真:eternalcreative/iStock)
老後の資産形成のための投資に興味があるけれど、投資についての知識がまったくない。また、知識がないゆえに「リスクが怖くて踏み出せない」「投資に回せる資金がない」という人も少なくないでしょう。
ですが、少ない額でも長期間コツコツ積み立てることで、資金を大きく増やすことができるというのは、『横山先生 ド素人の私にわかりやすく教えてください! これからの「お金」の貯め方&増やし方』などの著書のある横山光昭氏です。いきなり多額の投資はせず、最初は毎月3000円からでもOKだという横山氏に、超初心者でもできるローリスク・ローリターンの投資の始め方を教えてもらいました。

投資をする前に貯めたい目標金額とは?

銀行にお金を預けていてもほとんど利子がつかない現代、老後を見据えて「お金を増やしたい!」と投資に興味を持つ人が増えてきました。

ただ、投資の初心者の中には、すぐにお金を増やしたいから投資の部分だけ知りたい、という方もいますが、それはNG。「貯金の目標金額を達成してから投資にチャレンジ」が基本だということを、まずは知っておきましょう。

投資をスタートするにあたって、まずは3つの袋をイメージしてみてください。ここで言う「袋」とは、銀行口座のことで、口座を「使う」「貯める」「増やす」に分類して管理するということです。

「使う袋」には、最低でも手取り月収1.5カ月分はおいておきましょう。3カ月ほど1.5カ月分を超える状況が続いたら、次の「貯める袋」にうつしておきます。

「貯める袋」においておきたいのは、最低でも手取り月収の6カ月分。それから、今後3年以内のライフイベントとして、車を買う予定がある、住宅購入の頭金が必要、お子さんの入学金が必要であるといった場合には、それに応じて別に貯めておきます。

こうして、「使う」と「貯める」の袋に7.5カ月分のお金ができあがってからようやく「増やす」の袋を作る、すなわち投資を行うのが理想です。「使う」から「増やす」にいきなりジャンプするのは避けましょう。

次ページ資産運用は10年単位の長いスパンで考える
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT