年末調整で絶対「損しない」ために知るべき要点

いまさら聞けない「3大控除」教えます

結婚して妻や夫のいる人が受けられるのが、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です(内縁の方は対象になりません)。年末調整時に、会社に「配偶者控除等申告書」を提出してこの控除を受けることになります。

控除その2 配偶者控除は年収によって違う

配偶者控除は、配偶者の給与・パート・アルバイト収入が年間103万円以下(合計所得が38万円以下)のときに受けることができるものです。

一方、配偶者特別控除は、配偶者の給与・パート・アルバイト収入が年間103万円超201万5999円以下(合計所得が38万円超123万円以下)のときに受けられるものです。

それぞれの控除額は、下図のように、申告者本人の合計所得や配偶者の年齢(配偶者控除の場合)、配偶者の年収(配偶者特別控除の場合)によって異なります。控除額は、最低で1万円、最高で48万円です。

(出典:『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和2年3月16日締切分』より)
次ページ別居中の親でも扶養控除の対象になる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT