年末調整で絶対「損しない」ために知るべき要点

いまさら聞けない「3大控除」教えます

結婚して妻や夫のいる人が受けられるのが、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です(内縁の方は対象になりません)。年末調整時に、会社に「配偶者控除等申告書」を提出してこの控除を受けることになります。

控除その2 配偶者控除は年収によって違う

配偶者控除は、配偶者の給与・パート・アルバイト収入が年間103万円以下(合計所得が38万円以下)のときに受けることができるものです。

一方、配偶者特別控除は、配偶者の給与・パート・アルバイト収入が年間103万円超201万5999円以下(合計所得が38万円超123万円以下)のときに受けられるものです。

それぞれの控除額は、下図のように、申告者本人の合計所得や配偶者の年齢(配偶者控除の場合)、配偶者の年収(配偶者特別控除の場合)によって異なります。控除額は、最低で1万円、最高で48万円です。

(出典:『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和2年3月16日締切分』より)
次ページ別居中の親でも扶養控除の対象になる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT