マツダが電気自動車「MX-30」で目指す新境地

ハイブリッドにはロータリーエンジンを採用

具体的には、重いバッテリーを搭載していることを忘れてしまうような「身のこなしの軽さ」と、「クロスオーバーを感じさせない路面に吸い付くような一体感のあるハンドリング」、そして「路面を選ばずフラット感のある質の高い乗り心地」が備わっていた。

これは多方向環状構造ボディーや伝達経路の高剛性化による応答遅れの低減、力の伝達のコントロールはもちろん、モーターの特性を生かしたG-ベクタリングコントロールの作動領域の拡大が効いているそうだ。仮に目隠しをして乗せられたら「高級セダンか?」と勘違いしてしまうほどのレベルだと感じた。

次世代商品と呼ばれるマツダ3/CX-30にはガソリン、ディーゼル、スカイアクティブXとパワートレインが豊富にラインアップされているもの、個人的にはどれも「帯に短し襷に長し」といった印象で、決定打に欠ける部分も感じていた。しかし、e-TPVはマツダが目指す走りの理想とする、クルマに乗っている状態が「自然で違和感がない」、走る/曲がる/止まるの「究極の滑らかさ」が、最も体現できているクルマだと思う。

今後、マツダは上級モデルが縦置きエンジンのFRになると聞いているが、まずはe-TPVを1つのベンチマークにしたほうがいいだろう。

パワートレインに合う“個性”がほしい

e-TPVは電動化の魅力はもちろんだが、それ以上にクルマとしての魅力が高いと感じた。つまり、目的は「電動化」ではなく「マツダであること」がしっかりと体現されている。そして、この乗り味を実感してから東京モーターショーのマツダブースでMX-30を目の当たりにして、「この見た目とあの走りならベストマッチングだろうな」と思った。

マツダの電動化は付け焼き刃ではなく、長期的ビジョンの中で進められている一方で、内燃機関も進化を止めることはないだろう。ただ1つ思ったのは、すべてEVのような滑らかで自然な特性を目指すのは、半分賛成で半分反対だ。人間の感覚に合う特性は絶対に譲ってほしくないが、それぞれのユニットが持つ“個性”をもっと生かすべきだと思う。筆者はそれがもう1つの「マルチソリューション」だと思っている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT