AIを使って「偽トランプ」の存在を暴いてみた

ポジティブワードで株価支える「偽トランプ」

トランプ大統領のツイートは投資家や経営者にとってチェックが欠かせないものになってしまった(写真:REUTERS/Yuri Gripas)

トランプ大統領のツイートは、実はトランプ大統領本人が行っているだけでなく他の誰かが行っているケースもあるといわれている。CNBCなどの分析によると、ツイートの「発信元」のOS(基本ソフト)が2017年3月頃までは2種類(AndroidとiOS)あり、いずれかがトランプ大統領本人で、他方が「偽トランプ」である可能性が高いとされた。

この連載の過去記事はこちら

具体的には、トランプ大統領は2017年3月まではAndroidスマートフォンを使用していたが、それ以降はiPhone(OSはiOS)を使用していることが知られている。しかし、Androidを使用している間(17年3月まで)にもトランプ大統領が所有していないはずのiPhoneからツイートが行われていたこともあり、「側近がツイートしているのでは?」と「偽トランプ」の存在がささやかれていた。

「CNN」や「ヒラリー」を叩くものが多かった

例えば、2015年1月~2017年3月までのトランプ大統領のツイートで使われた単語をOS(Android、iPhone)ごとに分類すると、使用されている単語のパターンが異なることが分かる。「本物のトランプ」とみられるAndroidによるツイートでは、「CNN」「Hillary」などの単語が多く使われた。一方、「偽トランプ」とみられるiPhoneからは、「America」「great」などの単語が多く使われた。

トランプ大統領本人が失言をしてしまった後に、「偽トランプ」が「Make America Great Again!(アメリカを再び偉大に)」と、フォローを入れていたのだろうか。

ツイートされた時間をOSごとに分類すると、大きな差が確認できる。トランプ大統領本人とみられるAndroidからのツイートは米国時間の10~14時、公務を行っている時間帯が多い。他方、「偽トランプ」とみられるiPhoneからのツイートは夜~深夜にかけても断続的にツイートが行われている。生活リズムの異なる主体がそれぞれツイートを行っている可能性が高い。

次ページトランプ本人と偽トランプには役割分担がある
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT