AIを使って「偽トランプ」の存在を暴いてみた

ポジティブワードで株価支える「偽トランプ」

最後に、投稿者が「トランプ大統領本人」とみられるツイートと「偽トランプ」とみられるツイートの数の変化を見た。

足元では「偽トランプ」とみられるツイートが大幅に増加していることが分かる。前述したように、「偽トランプ」とみられるもののほうがポジティブなセンチメントのツイートを行うケースが多いこととあわせて考えると、「偽トランプ」、すなわちトランプ大統領の側近が、2020年11月の大統領選に向けたアピールとしてポジティブなツイートを増やしている可能性がある。

米中貿易戦争の部分合意を広くアピールするなどの戦略を、トランプ大統領の側近が意図的に実行しているのだろう。当面は「偽トランプ」がツイートする傾向のある夜~深夜帯に「Keep America Great!(アメリカを偉大なままに)」キャンペーンに関わるものや株価を支えようとするポジティブなツイートが増加していくのではないか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT