面接も内定も…採用日程早期化が止まらない

経団連ルール廃止影響、「年内内定出す」14%

ところが、2021年卒では5月前半(7%)と大幅に減っている。内定出しの山は3月と4月にあり、連休以降の内定出しは減少する。このような早期化が起こった要因は、「通年採用」が容認されたからだろう。

通年採用がリアルな話題になったのは、昨年9月に経団連が指針撤廃を表明してからだ。また、今年4月に経団連と大学側は通年採用の拡大で合意している。

もっとも「通年採用」という言葉の定義ははっきりしない。文字どおりに解釈すれば年間を通じて採用を行い、新卒だけでなく既卒も含んでいる。しかし、実際には「低学年からの採用活動」や「3年生向けの早期の採用活動」という解釈があり、「通年=早期」という理解もある。

そのように考えれば、3年生の11月以前、12月の面接や内定出しも就活ルールに抵触していないと考えることができる。

新顔の「リファラル採用」とは

2021年卒採用では時期以外にも変化がある。新顔の採用施策が目立ってきた。

「2021卒採用でより重要になると思われる施策」を聞いたところ、トップは「インターンシップ」(46%)で半数近い企業がインターンシップを採用の主戦場と考えている。

続いて、「自社セミナー・説明会」(33%)、「キャリアセンターとの関係強化」(32%)、「学内企業セミナー」(29%)、「自社採用ホームページ」(25%)の項目が並ぶが、これらは採用の常道だ。

目新しいのは、「リファラル採用」(20%)だ。「就職ナビ」(18%)よりも多い。「リファラル(referral)」とは紹介、推薦を意味し、社員の友人・知人というネットワークを活用した採用手法だ。大学やサークルのOB・OGが後輩に対して働きかけを行うリクルーター制度も、広義のリファラル採用といえる。

次ページ新しい採用施策に関心が集まる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。