面接も内定も…採用日程早期化が止まらない

経団連ルール廃止影響、「年内内定出す」14%

ところが、2021年卒では5月前半(7%)と大幅に減っている。内定出しの山は3月と4月にあり、連休以降の内定出しは減少する。このような早期化が起こった要因は、「通年採用」が容認されたからだろう。

通年採用がリアルな話題になったのは、昨年9月に経団連が指針撤廃を表明してからだ。また、今年4月に経団連と大学側は通年採用の拡大で合意している。

もっとも「通年採用」という言葉の定義ははっきりしない。文字どおりに解釈すれば年間を通じて採用を行い、新卒だけでなく既卒も含んでいる。しかし、実際には「低学年からの採用活動」や「3年生向けの早期の採用活動」という解釈があり、「通年=早期」という理解もある。

そのように考えれば、3年生の11月以前、12月の面接や内定出しも就活ルールに抵触していないと考えることができる。

新顔の「リファラル採用」とは

2021年卒採用では時期以外にも変化がある。新顔の採用施策が目立ってきた。

「2021卒採用でより重要になると思われる施策」を聞いたところ、トップは「インターンシップ」(46%)で半数近い企業がインターンシップを採用の主戦場と考えている。

続いて、「自社セミナー・説明会」(33%)、「キャリアセンターとの関係強化」(32%)、「学内企業セミナー」(29%)、「自社採用ホームページ」(25%)の項目が並ぶが、これらは採用の常道だ。

目新しいのは、「リファラル採用」(20%)だ。「就職ナビ」(18%)よりも多い。「リファラル(referral)」とは紹介、推薦を意味し、社員の友人・知人というネットワークを活用した採用手法だ。大学やサークルのOB・OGが後輩に対して働きかけを行うリクルーター制度も、広義のリファラル採用といえる。

次ページ新しい採用施策に関心が集まる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。